現場シートに広告を印刷してくれる業者を利用しよう|宣伝にピッタリ

土のうの活用方法

作業員

様々に活用できる

現在日本の多くの河川は様々な治水技術が施されており、多少の大雨では大規模な氾濫などは起こりにくくなっています。一方で温暖化などの影響によって局地的な豪雨が各地で多発するようになり、都市部を含めて日本全国どこでも水害が発生する危険が高まっています。こうした近年の状況を受けて、一般家庭はもとより自治体や公共団体そして民間企業でも各自で水害対策を取っておく必要があります。土砂崩れに土石流や津波といった大規模な水害への対処は、退避する以外に有効な手段はありません。しかし河川の増水や、上下水道の不具合による漏水などによる建物への浸水被害は簡単な備えでも効果があります。最も手軽で有効な水害対策に、土嚢袋を備蓄しておく方法があります。土嚢袋は土砂を充てんして土嚢にする専用の袋で、一般向けにも事業者向けにも販売されています。重たい土砂を内包するため、ポリエチレンなど丈夫な繊維で作られた布製の袋で、内容物に関しては水より比重の重たいものであれば現場にあるもので使えます。土嚢を積み重ねることで壁を作り水の流れを妨げると共に、通気口などに蓋をして水が逆流するのを阻止する使い方も出来ます。また重量があるので外部に置かれた備品の重しとして、流出を防ぐためにも利用できます。さらに土嚢袋は丈夫なので杭を打つ事も出来ます。土の地面であれば土嚢を積み重ねた上から杭を打つことで、土嚢の壁を強固にする方法も出来ます。普段の活用方法として、土嚢袋自体は非常に安価なので、防災備蓄としてだけでなく作業現場でのガラ入れなどとしても使えます。

Copyright© 2017 現場シートに広告を印刷してくれる業者を利用しよう|宣伝にピッタリ All Rights Reserved.