建てるときの段取り

インテリアにこだわった部屋

住宅購入で意外と重要なこと

あなたが注文住宅を建てたいとすれば、知っておきたい事は山ほどあります。多くの人が金銭面にばかり注意を向けてしまいますが、意外と重要なことを忘れているようです。それは、住宅購入までの流れです。 まず注文住宅を建築する場合、その依頼する業者を決める必要があります。その時に本設計とともに本見積もりを作成してもらいます。ここで大事になるのは、付帯工事費や諸費用の見積もりです。できるだけこれらの項目を細かくチェックしておきましょう。中には必要がないものも含まれている可能性があるからです。 請負契約を結んだあとは、多くの場合住宅ローンを組む必要があります。住宅ローンを組む場合はできるだけ現実的な資金計画を立てるようにしましょう。

注文住宅の工事について

ローンの借り入れが可能になれば注文住宅の建築に向けて工事が始まります。工事を着工する場合には近所の人々に挨拶を一言入れておくべきです。その時に手土産を持っていくことを忘れないことと、工事の日程をできるだけ正確に伝えるようにしましょう。 また、工事をする前には普通は地鎮祭をするのが一般的です。あまり知られていませんが、地鎮祭は意外と重要で、その目的は2つあります。1つが家を建てるための土地を購入したときに土地にすぐ神様を祝い沈めて土地を利用することの許可を得る事です。またこれから建築する家の工事の安全と家の繁栄を祈ることによります。通常は神社の神主を呼んで地鎮祭を執り行います。 注文住宅が完成した時は、最後に工事責任者と住宅のチェックを行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加