現場シートに広告を印刷してくれる業者を利用しよう|宣伝にピッタリ

選び方と扱い方

作業員

現場の状況を考える

現場シートにはいろんなタイプがあるので、それぞれの特徴を知った上で購入するようにしましょう。まずはメッシュ加工されている現場シートについてです。これは風を受けても煽られる可能性が少ないです。そのため高台などで作業する時には重宝します。おまけに適度に空気を通しますから、現場シートに囲まれた状態で作業をしたとしても、熱がこもりにくいといった特徴があります。他にも、表面に防音加工されている現場シートがあるのです。大きな音を出す機械を使う場合や作業をする時など、近所迷惑になってしまいます。そんな時に防音タイプの現場シートがあると良いです。加えて穴が開いていないですから、粉塵などが飛び散る心配も減らせるといったこともメリットです。それから鉄骨を切ったり繋げたりする際に、どうしても火花が出ます。現場シートに使われている素材によっては、燃えて大変危険です。ところが耐火機能が備わっている現場シートがあれば、安全に作業ができます。また、重量に関しても気にしておかなければいけません。あまりにも重過ぎすると扱いにくいからです。メーカーによっては軽量タイプもあるので探してみると良いです。それから宣伝用の現場シートというのも売られています。社名を入れる、連絡先を書いておくなどをしておくと、道行く人へ自社をアピールできるのです。ただし、汚れている場合や、合わせ目が広く開いているとだらしないイメージを持たれるかもしれません。そのような事態を避けるには、現場シートを使ったら丁寧に掃除します。そして変なところにシワができないように、大切に保管しておきましょう。

Copyright© 2017 現場シートに広告を印刷してくれる業者を利用しよう|宣伝にピッタリ All Rights Reserved.